三浦翔平「すぐ台本を閉じた(苦笑)」
2019.5.12 7:00

同時代を生きながらも実際には会うことのなかった画家・ピカソと物理学者・アインシュタインが出会う、架空の物語を描いた舞台『ピカソとアインシュタイン〜星降る夜の奇跡〜』。本作に出演する俳優・三浦翔平は稽古前、相当に苦労したという。

本作に向き合うにあたり、「今はもう理解してるんですけど、そこにいたるまでが相当苦労しました」と明かした三浦翔平
本作に向き合うにあたり、「今はもう理解してるんですけど、そこにいたるまでが相当苦労しました」と明かした三浦翔平画像一覧

当初、「すぐ台本を閉じました(苦笑)。わからないことだらけ。何を言ってるんだろう、というのがまず最初にあって、いっぺん本を置いて。なかったことにした」と明かした三浦。「本当に20〜30回くらいはワケがわかんなくて。でも読めば読むほど、どんどん発見して」と、面白みが増してきたという。

「実際に見てもらえばわかるんですけど、コメディです。舞台は1904年のパリ。あのピカソとアインシュタインが若かりし頃に出会っていたら、こんな話をしてたかもよ、って物語なんです。『観た後に考えさせられない』って言い方が合ってるかわからないですけど、『ああ、おいしかった』みたいな気持ちになると思います」と、今では自信を見せる。

ピカソ役は三浦と岡本健一が、アインシュタイン役は村井良大と川平慈英が、それぞれチームに別れてダブルキャストで演じる。大阪公演は12日に「森ノ宮ピロティホール」(大阪市中央区)にて。チケットは9800円(全席指定)。

『ピカソとアインシュタイン〜星降る夜の奇跡〜』

日程:2019年5月12日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール(大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5)
料金:9800円(全席指定)
電話:0570-200-888
URL:https://horipro-stage.jp/stage/picassoeinstein2019/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ