戦艦長門など、海底に眠る姿捉えた写真展
2019.5.11 19:00

水中写真家・戸村裕行の写真展『群青の追憶』が、「大阪南港ATCホール」(大阪市住之江区)で5月18日・19日に開催される。

海底に眠る艦船、航空機、潜水艦を撮影した写真300点が展示される水中写真展画像一覧

大東亜戦争に起因する世界各地の海底に眠る日本の艦船・航空機・潜水艦などを、自ら潜水して撮影する戸村。終戦後、アメリカ軍によって接収され、核実験の標的艦としてビキニ環礁の海底に沈むことになった戦艦「長門」や、原因不明の爆発事故を起こし山口県柱島沖で沈没した戦艦「陸奥」の姿などを含む写真300点が展示される。

今回の展示は、2018年の「靖國神社・遊就館」(東京都千代田区)、「記念艦三笠」(神奈川県横須賀市)での展示に続く第3弾となる。会場は西日本最大級のスキューバダイビングの総合展示会『ブルーオーシャンフェス KANSAI 2019』内の特設展示スペース。イベント入場料(当日1000円)が必要となる。

『戸村裕行 水中写真展「群青の記憶」〜海底に眠る大東亜戦争の戦争遺産を追う〜』

日程:2019年5月18日(土)・19日(日)
時間:10:00~18:00
会場:大阪南港 ATCホール Aホール(大阪市住之江区南港北2-1-10)
料金:1000円(「ブルーオーシャンフェス KANSAI 2019」入場料)
URL:http://www.hiroyuki-tomura.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ