神戸の街中でラグビー、地元プロ選手も

2019.4.26 08:00

『ストリートラグビー』過去開催時の様子

(写真1枚)

「広い場所がなくても、少ない人数でも、楽しく」をテーマにした競技「ストリートラグビー」。その体験イベントが5月5日、神戸の街なかに建つ百貨店「大丸神戸店」沿いで開催される。

2019年9月に日本で開催される『ラグビーワールドカップ』に向け、ラグビーの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいと考案された同競技。通常のフィールドが横約70m、縦約100mの広さなのに対して、ストリートラグビーの会場は横7m、縦18.5mのコンパクトなフィールド。プレーヤーは各チーム3人ずつ、タックルではなくタッチで相手を止めるなど、子どもやシニアにも気軽に体験できるゲーム設計となっている。

これまでに東京、岩手、静岡、神奈川などで開催されてきた同競技の体験イベント。今回の神戸会場では、百貨店「大丸神戸店」(神戸市中央区)の東側道路にフィールドが設置され、予約なしでストリートラグビーの体験会に参加できる。当日は地元ラグビーチーム「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」の屈強なメンバーも登場し、小学生たちのラグビー体験を手助けしてくれるという。参加は無料(先着40名限定)。

『ストリートラグビー』

日時:2019年5月5日(祝・日)・10:00〜17:00
会場:大丸神戸店東側道路 明石町筋(神戸市中央区明石町40)
料金:無料(参加方法:当日随時受付)
※雨天・荒天時は中止する可能性あり

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本