観光列車で車内販売、加太の鯛コロッケ

2019.4.23 08:00

車内販売のイメージ、モデルは「休暇村紀州加太」義本英也総支配人

(写真3枚)

和歌山の漁師町・加太を走る観光列車「めでたいでんしゃ」で、初の車内販売がスタート。「鯛コロッケ」「鯛コロッケバーガー」が発売された。

これを作ったのは、ホテル「休暇村紀州加太」(和歌山市)。加太が鯛の一本釣りで知られることから、これまでも「南海電鉄」(本社:大阪市中央区)主催のイベントを通して「鯛ラーメン」「鯛ギョウザ」など、名物・鯛をモチーフとした料理を提案してきた。なかでも「食べ歩きに丁度良い」と客の人気が高かった「鯛コロッケ」(200円)と、よりボリューミーな「鯛コロッケバーガー」(400円)が、観光列車「めでたいでんしゃ」にて車内販売されることに。

鯛の切り身が混ぜ込まれたコロッケは、アラでとった出汁で味付けしたもの。電車旅のおやつにも、町を散策するお供にもぴったりのこのフードは、土・日・祝日限定で登場。「加太駅」発の3つの電車(9時24分発、10時27分発、11時27分発)と「和歌山市駅」発の3つの電車(9時55分、10時55分、11時55分)の車内で、1日6回販売される。期間は6月2日まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本