藤田美術館の国宝・曜変天目茶碗、奈良で
2019.4.17 6:00

「藤田美術館」(大阪市都島区)が所蔵する国宝・重要文化財などを紹介する展覧会『国宝の殿堂 藤田美術館展  曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき』が、6月9日まで「奈良国立博物館」(奈良県奈良市)で開催されている。

国宝 曜変天目茶碗 中国・南宋 藤田美術館画像一覧

「藤田美術館」は、明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(1841~1912)とその息子、平太郎・徳次郎の親子3人が収集した美術工芸品を公開するために、昭和29年(1954)に開館した(現在はリニューアル工事のため休館中)。そのコレクションは、茶道具、水墨画、墨蹟、能装束、絵巻、仏像、仏画、経典、仏教工芸、考古資料など約2000件。毎年春秋の企画展で公開されてきたが、他館で大々的に紹介されるのは極めてまれだ。

国宝 紫式部日記絵詞(部分) 鎌倉時代 藤田美術館画像一覧

展示品の目玉は、世界に3碗しかないと言われる国宝の「曜変天目茶碗」。その姿は、夜空に輝く満点の星空のよう。息をのむほどに美しいこの茶碗を見るだけでも、本展に出かける価値がある。ほかには、絵巻の国宝「紫式部日記絵詞」と国宝「玄奘三蔵絵」、漆工品の国宝「仏功徳蒔絵経箱」、仏師・快慶作の重要文化財「地蔵菩薩立像」など名品が目白押し。この春必見の展覧会だ。

文/小吹隆文(美術ライター)

『国宝の殿堂 藤田美術館展  曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき』

期間:2019年4月13日(土)~6月9日(日)※月曜休(4/29・5/6開館、5/7休館)
時間:9:30~17:00(金曜~19:00)※入館は閉館30分前まで。 
会場:奈良国立博物館(奈良市登大路町50 奈良公園内)
料金:一般1500円、大高生1000円、中小生500円
電話:050-5542-8600(ハローダイヤル)
URL:https://www.narahaku.go.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ