京都で国際写真祭、奥の深い表現を体感
2019.4.16 8:00

京都市内の歴史的建造物や近現代建築を舞台におこなわれる『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019』が4月13日より開幕。「VIBE」をテーマに、11会場で15のメインプログラムがおこなわれている。

「アルバート・ワトソン Wild」(京都文化博物館 別館)会場風景。被写体は坂本龍一画像一覧

国内外の作家の写真作品を、京都ならではの趣のある空間で見られることから、高い評価を受けているこの写真祭。今年の会場は地下鉄烏丸御池駅周辺と祇園界隈に集中しており、歩いて巡ることができる。

今年のテーマ「VIBE」は、我々の感性を研ぎ澄まし、自身の内に眠る何かを覚醒させてくれる感動、我々を新たな世界に導いてくれる共振・共鳴といった意味合い。人間や自然の美を捉えたもの、ユーモアや皮肉に満ちたもの、現代の社会問題を訴えるものなど、さまざまな表現がそろっており、写真表現の多様性と奥深さを体感できる。

京都新聞ビル印刷工場跡(B1)の「金氏徹平 S.F.(Splash Factory)」会場風景画像一覧

どの展示も見応えがあるが、なかでも「京都文化博物館 別館」(京都市中京区)の『アルバート・ワトソン』と「京都新聞ビル印刷工場跡」(京都市中京区)の『金氏徹平』で、点数の多さやスケール感で抜きん出ている。

「Y gion」(京都市東山区)の『彼女、私、そして彼らについて』は3人のキューバ人作家が紹介しているが、とりわけ興味深いのはチェ・ゲバラの肖像写真で知られるアルベルト・コルダのファッション写真と記録映像だ。トリッキーな諧謔(かいぎゃく)性を楽しみたいなら「嶋臺ギャラリー」(京都市中京区)の『ヴェロニカ・ゲンシツカ』、日本建築との対比なら「両足院(建仁寺内)」(京都市東山区)の『アルフレート・エールハルト』が素晴らしい。 

とはいえ、どの展覧会を見るかを楽しむのも、この写真展ならでは。事前に公式サイトでチェックして、自分なりの理想の写真祭を作り上げてほしい。期間は5月12日まで、料金はワンデイパスポート3000円ほか。

取材・写真/小吹隆文(美術ライター)

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019』

期間:2019年4月13日(土)~5月12日(日)
※時間、休日は会場ごとに異なる
会場:ASPHODEL、両足院(建仁寺内)、二条城、など11会場
料金:パスポート一般4000円、大高生・専門学生3000円、ほか
電話:075-708-7108(KYOTOGRAPHIE事務局)
URL:https://www.kyotographie.jp/

URL:http://kyotographie.jp/kgplus/2019/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ