京都に初進出、ゾウ付きクリームソーダも
2019.4.11 19:00

愛知県の味噌専門店「今井醸造」から生まれた人気食堂「ぞうめし屋」(愛知県西尾市)が、京都の御所近くで「喫茶ゾウ」(京都市上京区)を4月11日にオープンした。

こちらは、名古屋に2017年に誕生した2号店の「喫茶ゾウメシ」スタイルの喫茶店に。固めのうどんを使った味噌煮込みうどん、肉みそを使ったオムライスなど、3代続く味噌屋らしさを活かしたメニューに加え、SNS上で話題のゾウめしクッキーがのった赤・青・緑色から選べるクリームソーダ(660円)も。こちらは遠方から、これを食べるためにはるばる訪れる人もいるのだそう。

手前からぞうめしクッキー付きクリームソーダ、昔ながらのしっかり食感のプリン450円(税別)
手前からぞうめしクッキー付きクリームソーダ、昔ながらのしっかり食感のプリン450円(税別)画像一覧

京都店は、40年以上続いていた喫茶店「ブラジルコーヒー」の内装をそのままに、「これまでの姿をできる限り引き継ぎたかったんです。とても丁寧に扱われていて、何も変える必要がないほど」と店長の稲吉真衣さん。そのため、テーブルやイス、ランプもすべて残し、昔ながらの魅力を活かした空間も魅力だ。

味噌煮込みうどんは、赤と白の2種から選べる。揚げ野菜やチーズ(各100円)などのトッピングも
味噌煮込みうどんは、赤と白の2種から選べる。揚げ野菜やチーズ(各100円税別)などのトッピングも画像一覧

9・10日にプレオープンがおこなわれ、「名古屋では青のクリームソーダが一番人気なのですが、京都では緑です。また、みりんを使った昔ながらのプリンも人気です」と好評を得て、今後注目を集める喫茶店となりそうだ。京都限定として、厚焼き卵に加え肉みそもサンドした「みそ屋のたまごサンド」(780円)や、「あんバタートースト」(450円・朝10時半までは100円引き)も登場。場所は中立売通小川西入ル。営業は9時から18時まで。※料金は全て税別

「喫茶ゾウ」

2019年4月11日(木)オープン
住所:京都市上京区中立売通室町西入三丁町440ー3(中立売通小川西入ル)
営業:9:00〜18:00(LO17:00)・月曜&第1・3火曜休
電話:075-406-0245
URL:https://www.instagram.com/kissa_zou/?hl=ja

  • facebook
  • twitter
  • はてブ