新しい地図、ドラクエ応援ソングを制作

2019.4.9 12:30

「星ドラ応援ソング」の制作を発表した新しい地図の3人(左から、香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛)

(写真1枚)

「スクウェア・エニックス」のスマホゲームアプリ『星のドラゴンクエスト』(通称、星ドラ)。そのプロデューサーに1月に就任した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が、「星ドラ応援ソング」の制作を発表した。

3人が制作発表をおこなったのは、4月7日に公開されたインターネットテレビ局「AbemaTV」のレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』の放送中。稲垣が「ここでビックニュースがあります」と切り出し、プロデューサーとして、そしてアーティストとして、「星ドラ応援ソングプロジェクト」を進めていることが明かされた。

香取は「ひとつひとつの歌詞のワードが勇気をもらえる。明日に向かっての一歩を踏み出す勇気をくれる曲です。ドラゴンクエストのキャラクターがいっぱい登場して踊っています。ダンスにも注目してください」とコメント。また、草彅は「星ドラにどハマりしていまして、みなさんと一緒にいろんな冒険がしたいと思っています。ぜひこの歌とともにお楽しみください」と語った。

作詞・作曲を手掛けるのは、大のドラクエファンとして知られるSEKAI NO OWARIのNakajin。同曲は、5月中旬からテレビCMなどで公開されるほか、5月25日に開催される『ドラクエの日 プロデューサー“ギガ”ミーティング』で初披露されるという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本