天王寺てんしば、過去最多440万人来園

2019.4.8 18:00

2015年10月に多目的エリアとしてオープンした「てんしば」(大阪市天王寺区)

(写真1枚)

「近鉄不動産」(本社:大阪市天王寺区)は、運営する「天王寺公園」エントランスエリア「てんしば」の2018年度の来園者数が、リニューアルオープン以降過去最多となる約440万人だったと発表した。

2015年10月にリニューアルオープンした同エリアは、約7000平方メートルの芝生広場に、カフェ、コンビニエンスストア、レストラン、子どもの遊び場、フットサルコート、ゲストハウスなどが営業中。現在は、芝生広場に植えられた桜が開花していることからより一層の賑わいをみせている。

また、春の行楽シーズンや5月の大型連休に合わせ、たこ焼きの屋台が立ち並ぶ「おおさかたこ焼きジャンボリー」やフラダンスのショーを通じてハワイアンカルチャーが楽しめるイベント、世界6カ国・約50種類のワインがそろうフェスなど、多彩な催しが予定されている。

「天王寺公園エントランスエリア てんしば」

住所:大阪市天王寺区茶臼山町5-55

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本