江口寿史のライブスケッチ、モデルを募集
2019.4.9 21:30

漫画家でイラストレーターの江口寿史による『江口寿史イラストレーション展  彼女』が、兵庫「明石市立文化博物館」(明石市)で開催中。27日には「ライブスケッチ」がおこなわれるが、そのモデル20名を募集中だ。

江口寿史『YAMAHA The 10th Music Revolution』ポスター 2015年 ©2019 Eguchi Hisashi画像一覧

「ライブスケッチ 江口氏のキレキレの描画を目撃せよ!」(27日)のモデル(女性限定)は事前申し込み制(当日の観覧は自由)。参加希望者は往復ハガキに必要事項を記入し、4月12日必着で「明石市立文化博物館」まで。江口寿史に自分の肖像を描いてもらえるなんて、一生自慢できるはず。翌28日の「ライブトーク 江口寿史×楠見清(美術評論家)」 も、同じく往復ハガキでの事前申し込みとなる。

江口は週刊少年ジャンプの『すすめ!!パイレーツ』(1977年)で連載デビュー。軽快なギャグセンスと卓越した画力で人気を集め、女の子みたいな美少年が主人公の『ストップ!ひばりくん!』(1981年)で大ブレークを果たした。その後、ストーリー漫画からイラストレーションへと徐々に創作を広げ、特に女性像ではほかの追随を許さないポジションを確立している。「彼女」と題した本展では、新作を含む約300点のイラスト作品を出展。江口が約40年にわたって追い求めてきた女性美を明らかにする。期間は5月19日まで、大人1100円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『江口寿史イラストレーション展 彼女 〜世界の誰にも描けない君の絵を描いている〜』

期間:2019年4月6日(土)〜5月19日(日)※会期中無休
時間:9:30〜18:30 ※入館は18:00まで 
会場:明石市立文化博物館(兵庫県明石市上之丸2-13-1)
料金:大人1000円、大高生700円、中学生以下無料
電話:078-918-5400
イベント申込:往復ハガキに参加希望イベント、氏名、年齢、住所、電話番号を明記し、4/12必着で応募を
URL:https://www.akashibunpaku.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ