鳥居みゆき「不完全燃焼、それが成功」
2019.4.4 19:00

鳥居みゆき「不完全燃焼、それが成功」

阪神戦の完全生中継で知られる「サンテレビ」が、放送50周年を記念して初めて挑戦する連続ドラマ『元町ロックンロールスウィンドル』。神戸・元町の裏通りで古着屋を営むマリアのもとに、個性的かつ厄介な悩みを抱えたさまざまな客が訪問。ぶつかりながらも愛のある結末に導いていく全13話となっている。そのマリア役を演じるお笑い芸人の鳥居みゆきに話を訊いた。

写真/木村正史

「現場では、みんなのお母さんでいようと」(鳥居みゆき)

──4月1日からスタートしたサンテレビ初の連ドラ『元町ロックンロールスウィンドル』。カルト的な作風で知られる鬼才・島田角栄監督が演出ですが、すでに何本かご一緒されてますよね。2017年には映画『ヴィヴィアン武装ジェット』で主演ですし。

まあ、安心感はありますよね。なんかあっても、島田さんがいるからなんとかなるか、って。遠くの親戚より、近くの島田組ですね。でも私、どこにもホームがないんですよ。(所属事務所の)サンミュージックにもホームがないし、家に居ててもずっと緊張してるし。私はどこでもアウェイの気持ち。

──落ち着くと居心地が悪くなるタイプですか?

そう。それに慣れてて、居心地が悪くないと逆に気持ち悪いです。だから、「みゆきちゃん、メシ行こうよ〜」って誘われるような現場は、すっごい居心地が悪い。でも島田組は、「みゆきちゃんは人と居るの好きじゃないしね」って距離感で、それを分かってくれてる。ドラマのグループLINEも私だけ参加してないし。

「居心地が悪くないと逆に気持ち悪い」という鳥居みゆき画像一覧

──主役なのに(笑)。

でもそれは、ドラマの撮影が終わった後にグループLINEの存在に私が気付いただけで。こっそり内緒でやってやがったんですよ。でも、私は入ってもすぐ退会するからいいんだけどさ。あるじゃないですか、合コンは誘われた上で断りたいというオトメ心。だから誘われなくて淋しかった。

──でも、今回共演している後藤まりこさんも、鳥居さんと近しい存在じゃないですか。

まりこちゃんは、私よりは社交的かもしれません。島田さんが監督した、まりこちゃん主演の映画『乱死怒町より愛を吐いて』のときもグループLINEはやってたでしょうし。

──鳥居さんもその作品には出演してますが、そのときも入らずに?

入ってないですよ。『ヴィヴィアン武装ジェット』のときは、(W主演の)塩谷瞬さんが「グループLINE作ろうよ!」とか言って・・・。

──塩谷さん、そういうリーダータイプですよね。

そうなんですよ。私は「グループLINEって、どうやったらいいか分からない」って言って断ったんですよ。そんなん嘘に決まってるじゃん、今の時代にそんな奴いるわけないのに、「そうなんだ。いいよ、やってあげるよ」ってやってくれて。でも、撮影終了日に私はグループを退会しました。だからみんな、あえて私を誘わないんでしょうね。

ドラマ『元町ロックンロールスウィンドル』(サンテレビ)のワンシーン画像一覧

──今回は主役として挑んだ現場でしたが、どうでしたか?

みんな仲良しで、それをちょっと客観的に見てる私という感じでしたね。やっぱり主役となると、人の面倒というか、間違ったりしたときにメンタルをフォローしてあげなきゃって気になります。

──そういうところもあるんですね。

そ。やっぱりマリアさまだから。現場では、みんなのお母さんでいようと。演技に慣れてなくて緊張している人がいれば、ほぐしてあげたりとか。「あ〜!緊張してるぅ!」って。

──あえて、言ってあげるという。

そう。なかには、ホントに落ち込んじゃう人もいましたけど。

──共演してるコメディアン・マツモトクラブさんとか落ち込みそうですね。

マツクラさんはね、一緒に舞台をやったこともあるんで、私の突発的なヒステリックにも慣れてるんで、対応できるんです。私がいつもね、「あ、いいこと思いついた!」って言うんですけど、今回初めて「みゆきちゃんの『いいこと思いついた!』って、そんなにいいことじゃないから、発言は控えていこうね」って教えてくれました。マツクラさんもオトナになりましたねぇ。

1 2 3

サンテレビ『元町ロックンロールスウィンドル』

URL:https://ichibankobe.com/ja/mrs/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ