和歌山・ヤギの赤ちゃん、30日から公開

2019.3.30 16:00

3月23日に誕生した「アドベンチャーワールド」のヤギの赤ちゃん

(写真1枚)

和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)で23日、ヤギの赤ちゃん3頭が誕生。30日より同園のふれあい広場で一般公開された。

赤ちゃんはオス2頭・メス1頭で、ともに角が生えていることが特徴のひとつ。現在は母乳を飲み、すでに出生時より約600~800g増量。親子仲睦まじく過ごしているという。また、4月中旬には別の妊娠個体からも赤ちゃんが誕生する予定だ。

同園ではこの3月、ワオキツネザル、ゴマフアザラシ、ゴールデンターキン、マレーバク、マントヒヒの赤ちゃんが誕生。ベビーラッシュでにぎわいをみせている。ヤギの赤ちゃんの公開時間は、朝10時から夕方4時半まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本