地上300mで天空花見、こたつで堪能

2019.3.30 11:00

地上300mの絶景とともに花見を楽しむ人々(29日・大阪市内)

(写真3枚)

日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の58階「天空庭園」に、桜の木が登場。地上300mからの絶景とともに花見が楽しめる。

「来場者に心に残る思い出を作ってもらいたい」という思いから、展望台に造花も加えた桜の木17本を設置。23日のスタート時から「日本一高い展望台での花見」として海外観光客をはじめ好評で、昼間にはソフトクリームを食べたりビールを飲んだりしながら、ゆったりと花見を楽しむ人が続出している。

また同会場には、冬に人気だったこたつエリア(7卓)がいまだ健在しており、まだ夜は肌寒いこの時期でもぬくぬくとこたつで絶景と桜を楽しみながら、「鯛だしのおでん食べ放題プラン」(3800円)、または「桜ハルカス弁当プラン」(3000円)が味わえる(ともに展望台入場料付)。

こたつに入りながら、大阪の絶景と桜を眺めるという非日常体験

4月6日・7日には桜の木のもとで「新元号」などの題字を書き、額縁に入れて記念撮影できる書道体験イベント(13時/17時・各回先着100名)も開催される。『天空花見』の期間は4月14日まで。こたつでの飲食プランは人気のため、予約がおすすめ。通常の展望台入場料は大人1500円、中高生1200円、ほか。

『天空花見』

期間:2019年3月23日(土)〜4月14日(日)
時間:9:00〜22:00
※飲食プランは15:00〜22:00(土日祝11:30〜)※LOは21:30
場所:ハルカス300 58階天空庭園(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
電話:06-6621-0300(ハルカス300インフォメーション/9:00~17:30)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本