学んで、味わう「神戸ビーフ館」登場
2019.3.25 17:00

レストランを併設する「神戸ビーフ」の情報発信施設「神戸ビーフ館」が、3月24日に新神戸駅に直結する商業施設「新神戸オリエンタルアベニュー」(神戸市中央区)にオープンした。

日替わりで赤身の部位を食べ比べできる、神戸ビーフ鉄板焼き食べ比べステーキ(70g)は4500円(税別)画像一覧

おいしい肉牛として確固たる地位を築く「神戸ビーフ」を、「どこで食べればいいのかわからない」という声を受けてオープンした同施設。館内レストランでは、カウンター席前の鉄板で、ロースや赤身のステーキを一気に焼き上げる。ご飯や野菜などがつき、厳しい基準をクリアした認定マークつきの「神戸ビーフ」を60〜70グラムで気軽に味わえるのが魅力だ(3000~5000円)。

牛肉の格付について、分かりやすく解説する展示コーナー画像一覧

館内でいただくほか、安心して「神戸ビーフ」が食べられる「指定登録レストラン」を設置のタブレット端末で探すことも可能。また、意外と知らない「神戸ビーフ」の定義や認定の基準、歴史などをパネルや映像で紹介する。

平井博勝館長は、「神戸ビーフに関わる全ての情報を発信する場所にしたい。たくさんの方に来ていただき、訪日観光客だけでなく日本人にも神戸ビーフの歴史を知っていただければ」と話す。開館時間は11時半から21時(入館無料)。レストラン営業時間は、昼11時半から15時、夜17時から21時(予約不可)。

取材・写真/太田浩子

『神戸ビーフ館』

2019年3月24日(日)オープン
住所:神戸市中央区北野町1 新神戸オリエンタルアベニュー3F
営業:11:30~21:00(レストランは11:30~15:00、17:00~20:00LO)※不定休
料金:入館無料
電話:078-241-7790
URL:https://kobebeef.gallery/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ