新しい筆に無料交換、賑わう奈良の筆祭り
2019.3.22 21:00

奈良市の「菅原天満宮」で21日、第40回『奈良筆祭り』が開催され、多くの参拝者が訪問。古筆を納めて新しい筆と交換するために長蛇の列を作り、普段は静かな境内が大いに賑わった。

境内の筆塚前で執り行われる「筆供養」で、参拝者が奉納した古筆を炊き上げる禰宜の中村眞一さん
境内の筆塚前でとりおこなわれる「筆供養」で、参拝者が奉納した古筆を焚きあげる禰宜の中村眞一さん画像一覧

空海が唐から製法を伝え、大和国今井(現在の橿原市)で嵯峨天皇に献上したことから、「筆づくり発祥の地」と呼ばれる奈良県。同祭りが始まった当初は、「興福寺」(奈良市)で筆供養の法要のみおこなわれていたが、約25年前から、筆塚のある「菅原天満宮」でお祭りとして開催するようになったという。

同祭りには地元を中心に全国から書の愛好家が集まり、古筆を奉納して、新しい筆に交換する。奉納された古筆は、筆塚前でとりおこなわれる筆供養で、1年の感謝を込めてお焚き上げされた。

「楽寿」を書く奈良県立桜井高校書芸コースで書道部の平田優奈さん(17歳)。学校では、ほぼ毎日筆を握る生活を送る
「楽寿」を書く奈良県立桜井高校書芸コースで書道部の平田優奈さん(17歳)。学校では、ほぼ毎日筆を握る生活を送る画像一覧

この日は、全国屈指の実績を誇る奈良県立桜井高校書道部による書道パフォーマンスも開催。『楽寿』を書いた同校の平田優奈さん(17歳)は、「この祭りがこれからも続くようにと願いを込めました」と、力強く書を披露した。境内では、筆の市が開かれ、筆作りや一字書き体験のほか、墨の製造実演も実施。老若男女楽しむ姿が見られた。同祭りは、毎年春分の日におこなわれる。

取材・文・写真/いずみゆか

※桜井高校は、2018年全国高校大学生書道展・団体の最優秀校。そのほか、数々の大会で個人・団体含め優勝・入賞多数あり、日本のトップ5に入る高校として知られる。

『奈良筆祭り』

日程:2019年3月21日(祝・木)
時間:10:00~15:00(筆供養は13:30頃から)
会場:菅原天満宮(奈良市菅原東町518)
電話:0742-33-1015(奈良毛筆協同組合)
URL:http://www.sugawaratenmangu.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ