梅田で開発中の新ホテル、前倒しで開業

2019.3.22 06:00

阪急梅田駅、JR大阪駅すぐ。グランフロント大阪南館の東側に位置するビル内にオープン(イメージ図)

(写真3枚)

大阪・梅田で開発中の「ヨドバシ梅田タワー(仮)」に出店を予定している、「阪急阪神ホテルズ」(本社:大阪市北区)の新ホテルの名称と開業時期が発表された。

周辺エリアで「ホテル阪急インターナショナル」「大阪新阪急ホテル」「新阪急ホテルアネックス」を運営する同社が、新たに立ち上げるブランド「Hotel Hankyu RESPIRE(ホテル阪急レスパイア)」の1号店となる。当初は2020年初春を予定していたが、進捗状況から2019年11月に前倒しすることに。

部屋は「田園」(写真)、「梅」「大阪城」をイメージしたデザイン(イメージ図)
部屋は「田園」(写真)、「梅」「大阪城」をイメージしたデザイン(イメージ図)

ホテル名には心身を癒やすための「rest」、感性を刺激する「inspire」に加え、呼吸する「respire」といった意味を込めて、訪れた客が「ほっとひと息つける癒やしの場所であること、大きく息を吸い込むように明日へと旅立つ活力が得られる場所」を目指すという。

場所は「ヨドバシカメラ」の北側に位置。インバウンドの客をターゲットに、ダブル・ツイン813室、トリプル171室、フォース(4人部屋)48室を予定し、ファミリーやグループでのレジャー需要に向けても対応する。レストラン1店舗、フィットネス、宴会場の施設も併設するとのこと。

「Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA」

2019年11月オープン予定
住所:大阪市北区大深町1-1

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本