若手の作品で店内装飾、京都の新スタバ

2019.3.19 07:00

同店のディレクションを手掛けた「SANDWICH」代表の名和晃平

(写真8枚)

3月20日、商業施設「京都BAL」(京都市中京区)内に3月20日オープンする斬新な「スターバックスコーヒー」。その店内空間を手掛ける「SANDWICH」代表の名和晃平が18日、内覧会に登場した。

国内外で活躍し、また京都造形芸術大学で教授を務める名和は、「働きながらでも創作を続ける若い作家が日本にはたくさんいるが、発信できる場所が少ない。彼らのエネルギーを伝えられたら」と考え、「若手アーティストたちの共同アトリエ」をイメージした新しいカフェ空間をディレクションした。

店内にはドローイングから彫刻作品まで、名和らが発掘した若手作家による約80の作品を展示。あえてジャンルやテーマを統一せず、個々の作家・作品を鑑賞できる空間となっている。なかには大阪・富田林市の女子高生・大西茅布さんの作品も。「名和さんの個展会場で作品を売り込みました。6歳ごろの作品から最近描いた絵まで展示します」と大西さん。

約80の作品が並ぶ店内の様子

展示された作品は購入も可能。展示スペースに空きができれば、新しい作家の作品も追加されるという。同店の営業は11時から20時まで。

「スターバックスコーヒー 京都BAL店」

住所:京都市中京区河原町通三条下ル山崎街251 京都BAL 3F
営業:11:00〜20:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本