昼夜で変化する、京都の新フードホール

2019.3.15 21:42

中央に見えるのは「さち福や SUINA 室町店」、奧右側が「la segunda jolla」

(写真8枚)

阪急烏丸駅・地下鉄四条駅近くに、3月16日にオープンする商業施設「SUINA 室町」(京都市下京区)。その地下1階に、6つの飲食店がそろう飲食エリアが登場する。

この「SUINA室町 FOODHALL」は、共有飲食スペースはなく、それぞれの店舗エリアでイートインするスタイル。高い仕切り壁を設けず、ホールが一体となった開放的な造りとなっている。1人でも気軽に食事やお酒を楽しみやすい空間で、ランチとディナータイムでメニューを切り替え(一部店舗除く)。昼はスピーディなビジネスランチ、夜はゆったり酒場として使い分けられるのがポイントだ。

注目は、大正14年創業の京都の「スター食堂」による新業態「STEAK & STEAK(ステーキ ステーキ)」。ランチセットなら1000円台で、200g越えのステーキが楽しめ、15時以降は、ハラミやカイノミ、ミスジなど、好きな部位を2種類選べ、300g1690円均一で楽しめる看板メニュー「ステーキステーキ」が登場する。

4種類の部位から好きな部位2種を選んで組み合わせて楽しめるステーキステーキ300g1690円。写真はフラップ(カイノミ)&トップ(ミスジ)の低カロリーコンビ
4種類の部位から好きな部位2種を選んで組み合わせて楽しめるステーキステーキ300g1690円。写真はフラップ(カイノミ)&トップ(ミスジ)の低カロリーコンビ

また、烏丸御池にあるメキシコ料理店「la jolla(ラホヤ)」による「la segunda jolla(ラ セグンダ ホヤ)」では、食材・ヘルシーさにこだわったタコスやブリトーを販売。周辺はビジネス街とあり、全商品テイクアウトできるのも重宝しそうだ。

タコス2つ900円。フィリングは数種類から選べ、写真はチキンサルサと牛すね肉の煮込み(+100円)にワカモーレ追加(+100円)

そのほか、中国料理の「青冥酒家京都店」、定食がいただける「さち福や SUINA 室町店」、「蕎麦酒場清修庵」、「魚とお野菜のイタリアン アルバータ」がそろい、それぞれのエリアで異なる趣となっている。営業は11時から23時まで、ランチからディナーの切り替え時はそれぞれ異なる。

取材・文・写真/天野準子

「SUINA室町」

2019年3月16日(土)開業
住所:京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 B1~2F
営業:10:00~23:00(一部店舗を除く)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本