堂島の地下街に、ウミウシとクラゲが出現

2019.3.11 18:00

(左上から時計回りに)ミゾレウミウシ、シンデレラウミウシ、ブルージェリー(クラゲ)、シライトウミウシ

(写真1枚)

大阪・梅田の地下街「ドージマ地下センター」(通称ドーチカ)で、期間限定イベント『ウミウシとクラゲの minimini水族館』が、3月18日から開催。ドーチカ内で生きものが展示されるのは今回が初めてとなる。

1日あたり約18万人(平日)に利用され、普段は海や生きものの気配を感じることがない同地下街。都会で過ごすサラリーマンやOLに、「海の生きものが持つ独特の色彩や模様、やわらかい体、しなやかな動きを見てもらい、癒やされたり新しいアイデアが浮かんだりする機会を提供したい」と、大阪の水族館「海遊館」とともに考え、今回のイベントが企画された。

会場では、泳ぐ姿がユニークなクラゲ(約5匹)や、色彩が鮮やかなウミウシ(約30匹)が3基の水槽で展示される。場所はドーチカ内「天使の広場」(南の「実演手打ちうどん 杵屋」前付近)で、朝7時から夜8時まで観覧可能(料金は無料)。3月30日まで。

『ウミウシとクラゲのminimini水族館』

期間:2019年3月18日(月)〜30日(土)
時間:7:00〜20:00
会場:ドージマ地下センター内「天使の広場」(大阪市北区堂島1丁目)
料金:無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本