60周年のベビースター、テーマパークに

2019.3.5 10:00

7月にオープンする「おやつタウン」外観イメージ

(写真5枚)

人気のスナック菓子「ベビースターラーメン」をテーマとした工場一体型のテーマパーク「おやつタウン」(三重県津市)が、7月20日にオープンする。

今年で発売から60周年を迎える同商品。パークでは、オリジナル味のベビースターラーメン作りが体験できるほか、2018年12月より休止されていた工場見学も再開(事前予約制)。さらにおみやげエリアでは、年間200種類以上登場する新商品が購入できるなど、60年愛されるベビースターラーメンの魅力が工場ならではの規模で楽しめる。

全て段ボールで作られた、幼児向けの遊具エリア「リトルタウン」

また、子どもたちが身体を動かして遊べるエリアも充実。国内最大級となる3階建ての巨大屋内型アスレチックや、スポーツ体験コーナー、ベビースターラーメンの世界観がすべて段ボールで表現された幼児向け遊具エリアなど、子ども連れでまる1日かけて楽しめるテーマパークとなっている。

入場料は13歳以上700円、4歳以上450円。合計400台分の駐車場も完備。最寄り駅である近鉄名古屋線「久居駅」(三重県津市)からは同施設行きのバスも運行予定。

「おやつタウン」

2019年7月20日(土)オープン
住所:三重県津市森町1945-11
営業:10:00〜18:00(予定) ※無休

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本