隠れる生きものを探せ、ニフレルに新展示
2019.2.27 17:00

大阪の商業施設「EXPOCITY」(吹田市)のミュージアム「ニフレル」に、新ゾーン「かくれるにふれる」が3月1日に誕生。自然を生き抜くための「かくれる術」を極めた生きもの14種・26点が展示される。

「ニフレル」に3月1日に誕生する新ゾーン「かくれるにふれる」。空間デザインは成魚と模様が異なるタテジマキンチャクダイの幼魚がモチーフに
「ニフレル」に3月1日に誕生する新ゾーン「かくれるにふれる」。空間デザインは成魚と模様が異なるタテジマキンチャクダイの幼魚がモチーフに画像一覧

色彩、形態、技といった生きものたちの多様性をテーマごとに展示する同館。2015年の開業以来初となる新ゾーンでは、獲物に気づかれないよう近づくため、あるいは敵から身を守るために、自分の姿を背景とそっくりに変化させる擬態「かくれる術」に焦点を当てたという。

どこに生きものが隠れている?(写真には全部で7匹の生きもの)
どこに生きものが隠れている?(写真には全部で7匹の生きもの)画像一覧

生きものたちはすっかり背景に溶け込んでいるため、パッと見た感じは岩や木の枝、海草しか見えないある種超地味な展示ゾーン。でもそこには苔にしか見えないコケガエルや、枯れた葉のような体をしたエダハヘラオヤモリ、ランの花に擬態したハナカマキリなどがひっそり存在している。どこに隠れているのか、そして何のためにこの生きものは擬態しているのか・・・子どもだけでなく大人もワクワクする内容に。

「名前を見る、解説を読む、納得して終わり・・・というプロセスに疑問を持っていました。ここは生きものと対峙して感じることができる展示になっているので、小さい水槽のなかの個性を発見してもらいたい」と、館長の小畑洋さん。今後も切り口を変えた新ゾーンが1年ごとに誕生する予定。営業時間は10時〜20時。

「NIFREL(ニフレル)」

住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
時間:10:00〜20:00(※最終⼊館は閉館の1時間前まで)
料金:16歳以上・高校生1900円、小中学生1000円、3歳以上600円
電話:0570-022060(ニフレルインフォメーション)
URL:https://www.nifrel.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ