えんとつ町プペル、VRで能勢電ジャック
2019.2.8 16:30

キングコング西野亮廣が描いた絵本『えんとつ町のプペル』の世界をVRで再現した15分作品の貸切上映会が、能勢電鉄「川西能勢口駅」5番ホームの電車車両内で、2月10日におこなわれる。

「えんとつ町のプペル」VR上映作品画像一覧

リアルな電車でバーチャルな映画館を楽しめるという日本初のイベント。大人が涙する絵本『えんとつ町のプペル』は、合計38万部を発行するベストセラーだ。この15分の映像作品は、著者・西野の意向により著作権フリーとなっており、VR専門施設以外の場所でも、座席や一定の広さの空間、電源、受付などが設置できる会場であれば、機材一式をレンタルし「移動式VR映画館」として楽しめる。今回、西野の地元・兵庫県川西市で初の車両開催となった。

「スナックCANDYえんとつ町店」(川西市)で開催された上映会の様子画像一覧

また、3月15日までは梅田の商業施設「HEP FIVE」にある日本最大級のVRエンタテインメント施設「VR ZONE OSAKA」(大阪市北区)で、一般上映も開催する。2月10日の時間は午前10時から午後4時まで。料金は1回1500円。

『えんとつ町のプペル』VR上映会

日時・2019年2月10日(日)・10:00〜16:00
会場:能勢電鉄・川西能勢口駅5番ホーム・能勢電鉄貸切車両内
料金:1回1500円
URL:http://www.moonshotinc.co.jp/blog

『えんとつ町のプペル』VR一般上映
期間:2019年2月8日(金)〜3月15日(金)
会場:VR ZONE OSAKA 9F特設会場(大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE9F)
料金:大人1500円、子ども1000円
URL:https://vrzone-pic.com/osaka/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ