つんく、太鳳主演ドラマ曲を書き下ろし

2019.2.4 09:00

ドラマのメインテーマ曲『幸せのセレナーデ』を手掛けたつんく(右)と、それを歌う主演の土屋太鳳

(写真1枚)

読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~』。そのメインテーマ曲『幸せのセレナーデ』をつんくが書き下ろすことが発表された。

1970年代に放送された伝説のオーディション番組『全日本歌謡選手権』をモチーフにした同ドラマ。その時代の数々のヒット曲がドラマを盛り上げるが、そのなかでも主人公・小沢翼(土屋太鳳)が全身全霊をかけて歌う『幸せのセレナーデ』は、物語の鍵ともいえる重要な1曲となっている。

つんくは「70年代をリアルで手掛けられた御大作家先生もたくさんいらっしゃるなか、指名いただけたことは心よりうれしく思ってます。実際のそのままのレトロを作りあげるのではなく、ちょっと強調した、自分なりの70年代を作りあげました」とコメント。



また、この楽曲を歌う土屋はレコーディングを終えて、「最初の一小節の、最初の一言から、つんくさんの描く世界と人に、心を持っていかれました。私の知らない私を、つんくさんはすぐに見つけてくださいました」と感激した様子。同ドラマは2月22日・夜9時から放送される。

読売テレビ『約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~』

放送:2019年2月22日(金)・21:00〜
出演:土屋太鳳、百田夏菜子、向井理、ほか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本