坂東玉三郎、勤勉さ活かされた趣味とは
2019.2.3 6:00

特別舞踊公演を京都府京丹後市で毎年おこなっている歌舞伎俳優・坂東玉三郎。2019年度の公演の会見が大阪でおこなわれ、名産の絹織物・丹後ちりめんとの関わりを話した。

坂東玉三郎が特別舞踊公演を開催。左が開催地・京都府京丹後市の名産である絹織物・丹後ちりめん
坂東玉三郎が特別舞踊公演を開催。左が開催地・京都府京丹後市の名産である絹織物・丹後ちりめん(21日・大阪市内)画像一覧

約800席という、普段よりもグッと臨場感がある環境で玉三郎の舞踊が見られる貴重な公演。全作品の衣裳が丹後ちりめんで作られているのも、この公演ならではの趣向だ。

「世のなかに対する意義とか活性化というよりも、そこに楽しいものがあるならば、それを手にして舞台に立つというのが、一番いいことじゃないかと。丹後ちりめんはしっとりとした味があるので、江戸時代の人たちが実際に着ていたような雰囲気が出るのかなと思います」と、その良さを語った。

「舞台でも『どういう役にこの柄が合うか』と計画しているときが一番夢があり、未来が見えてくる」と玉三郎
「舞台でも『どういう役にこの柄が合うか』と計画しているときが一番夢があり、未来が見えてくる」と坂東玉三郎画像一覧

また舞台衣裳以外でも、染色や生地の大きさなどで、地元の職人たちにアドバイスを入れている。それは仕事というより「趣味」だと笑って話す。「生地の原産地まで行ったり、昔の衣裳について調べ回ったりするのは、役者として勤勉なのか、趣味として楽しんでるのかわからないです」と思い入れを明かした。

『坂東玉三郎 京丹後特別舞踊公演』は、5月11日・12日に「京都府丹後文化会館」(京都府京丹後市)にて。チケットはSS席18000円、S席16000円、補助席A席12000円で、2月27日に発売。

取材・文・写真/吉永美和子

『坂東玉三郎 京丹後特別舞踊公演』

日程:2019年5月11日(土)・12日(日)
会場:京都府丹後文化会館(京丹後市峰山町杉谷1030)
料金:SS席18000円、S席16000円、補助席A席12000円
URL:https://www.kabuki-bito.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ