消防士の階段駆けあがり、古澤さんが優勝

2019.1.21 13:00

訓練を積んだ消防士といえども、フル装備ゆえに相当な負担がかかる「ステアレース」(19日・神戸市内)

(写真4枚)

神戸消防救助隊発足50周年+文化財防火デー記念イベント『神戸ポートタワー階段駆けあがり訓練&救助体感デー』が19日、「神戸ポートタワー」(神戸市中央区)とその周辺で開催された。

快晴となったこの日、会場周辺には消防車や消防艇などが展示され、約100人の消防隊が集結。「階段駆けあがり訓練」は別名「ステアレース」とも呼ばれ、災害時にエレベーターが緊急停止するケースが多かったことを受け、今回初めて開催された。

総重量21kgのフル装備で、高さ108m、段数340段を一気に駆け上がる同レース。参加した消防士は、神戸市内10カ所の消防所の代表だけに責任も重く、それぞれ自主トレを積み重ねてきたという。しかしスタートすると、最初100段ほどは勢いよかったものの、じわじわと足に疲労がたまり、終盤は手すりを使って登るのがやっと。

『神戸ポートタワー階段駆けあがり訓練』で優勝した古澤健太郎さん(19日・神戸市内)

そんななか優勝したのは、唯一の2分台を記録し、2位以下に大きな差をつけた古澤健太郎さん(優勝タイム2分50秒)。古澤さんは「ビルなどではエレベーターが止まるケースも多い。今回の訓練を今後の救助活動に活かしていきたい」と語った。同イベントではスタンプラリーや記念撮影などもおこなわれ、親子連れを中心に多くの人で賑わった。

取材・写真/岡田由佳子

『神戸ポートタワー階段駆けあがり訓練&救助体感デー』

日時:2019年1月19日(土)・9:30~12:00
会場:神戸ポートタワーとその周辺

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本