V6井ノ原快彦&上戸彩、夫婦役で初共演

2019.1.18 15:00

ドラマ初共演で夫婦を演じる井ノ原快彦(右)と上戸彩

(写真1枚)

カンテレ開局60周年特別ドラマとして、井ノ原快彦主演の『僕が笑うと』が3月26日に放送決定。戦時中、5人の孤児を養子として引き取って育てた夫婦の姿が描かれる。

舞台は、太平洋戦争真っ直中の大阪。井ノ原が演じる鈴木重三郎は、大学の助教授で植物研究者。感情をあまり表に出さず、口を開けば研究のことばかりという風変わりな重三郎が、孤児を養子として迎え入れたことで一変する。

主演の井ノ原は、「戦時中を描いたドラマですが、温かくて幸せそうな家族を描いた物語だと思いました。今この時代だからこそ、大事なドラマだと思いました」と語る。そして、「今は核家族化とか言われていますが、『血の繋がりだけじゃないんだぞ、家族は!』という思いに少しでも触れてもらえたら」とも。

そんな井ノ原を支えるのが、妻・誠子を演じる上戸。「台本を読んだ瞬間、すぐに感情移入してしまいました。一瞬でのめり込んでいき、涙が止まりませんでした。家族愛も含め、色々なものを視聴者に感じていただける作品だと思いました」とコメント。同ドラマは3月26日夜(時間未定)、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送される。

カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』

放送:2019年3月26日(火)・時間未定

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本