いち早く、近鉄百貨店でバレンタイン開幕
2019.1.18 13:05

関西の百貨店でバレンタイン催事を、「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)が一番乗りでスタート。初日の1月18日から、チョコレートファンで賑わった。

会場では試食したり、スタッフとチョコについて話をしながら購入する人も多い
会場では試食したり、スタッフとチョコについて話をしながら購入する人も多い画像一覧

約130ブランドがそろい、17ブランドが初登場する同催事。通販会社「フェリシモ」と初めてのコラボコーナーや、海外の有名ショコラティエ、キャラクター「あべのべあ」のチョコなど幅広いラインアップに。またイートインメニューも充実し、ソフトクリームやワッフルなど30種が勢揃いし、20代の客層も狙う。

日替わりのパフェコーナー(22日まで開催)に並んでいた門真市の40代女性は、「バレンタイン催事で一番早く開催され、リニューアルしてから規模が大きくなったので毎年来ています。今後は『阪神梅田本店』、『阪急うめだ本店』にもそれぞれ2、3回ずつ行く予定。最近はチョコだけではなく、ソフトクリームもお目当てです」と、開始からわずか15分でお目当てのチョコレートを入手していた。

「フェリシモ」のカリスマチョコバイヤーのみりさんのコーナーも登場。記念撮影を次々とお願いされていた(18日、あべのハルカス近鉄本店)
「フェリシモ」のカリスマチョコバイヤーのみりさんのコーナーも登場。記念撮影を次々とお願いされていた(18日、あべのハルカス近鉄本店)画像一覧

また最近は男性もバレンタイン催事に訪れることが珍しくなくなり、大阪市の男子大学生は、「2年半ぐらい前からスイーツ全般が好きです。この時期しか出会えない海外のチョコもあるので、去年は自分用で3万円、プレゼント用で1万円。今年も同じぐらいの予算を考えています」と、今後も各催事を巡る予定。ちなみにプレゼントは、彼女やバイトの仲間に渡し、珍しいチョコレートを喜んでくれるのだそう。

関西では今後、1月23日から「阪急うめだ本店」「大阪高島屋」「京都高島屋」「そごう神戸店」、大丸各店、1月30日から「ジェイアール京都伊勢丹」、1月31日から「阪神梅田本店」がバレンタイン催事をスタートし、いずれも2月14日まで。

『近鉄のバレンタインフェア ショコラ コレクション2019』

期間:2019年1月18日(金)~2月14日(水)
時間:10:00~20:00
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9F(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
料金:入場無料
電話:06-6624-1111
URL:http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ