ボヘミアン・ラプソディ、本年度1位に

2019.1.15 21:31

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

(写真1枚)

クイーンのボーカリストであるフレディ・マーキュリーの半生を描き、社会現象を巻き起こしている映画『ボヘミアン・ラプソディ』。公開10週目で、興行収入94億円を突破。100億円超えを確実なものとした。

10週目の週末(1月12日・13日)には全国469スクリーンで上映され、27万2344人を動員。先週末より118%上回る人気を見せつけ、3月14日までの累計動員数は683万6433人となった。これにより、92.3億円をあげた邦画ランキング1位の『劇場版コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命−』と、91.8億円の2位『名探偵コナン ゼロの執行人』を抜き、2018年公開の邦画・洋画で総合1位に躍り出た。

また、IMAXでの日本歴代興行収入ランキングでも、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバター』を上回り、歴代1位に。1月22日に予定されている『第91回アカデミー賞』での主要部門ノミネートも期待されている。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

2018年11月9日(金)公開
監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、ほか
配給:20世紀フォックス映画

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本