遺跡の出土品から知る、古代大阪の展覧会

2019.1.19 06:00
  • 「船形埴輪」(国指定重要文化財 古墳時代中期、長原高廻り2号墳出土 文化庁蔵・大阪歴史博物館保管) 全長が128.7cmもあり、8人以上で操船する大型船の姿をリアルに表現
  • 「短甲形埴輪と草摺形埴輪」(国指定重要文化財、古墳時代中期、長原高廻り2号墳出土 文化庁蔵・大阪歴史博物館保管) 胴体と腰回りを防御する武具を模したもの
  • 「玉作り関係資料」 古墳時代中期、長原遺跡出土(大阪市教育委員会蔵・大阪文化財研究所保管)
  • 「船形埴輪」(国指定重要文化財 古墳時代中期、長原高廻り2号墳出土 文化庁蔵・大阪歴史博物館保管) 全長が128.7cmもあり、8人以上で操船する大型船の姿をリアルに表現
  • 「短甲形埴輪と草摺形埴輪」(国指定重要文化財、古墳時代中期、長原高廻り2号墳出土 文化庁蔵・大阪歴史博物館保管) 胴体と腰回りを防御する武具を模したもの
  • 「玉作り関係資料」 古墳時代中期、長原遺跡出土(大阪市教育委員会蔵・大阪文化財研究所保管)
(写真3枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本