三浦文彰の演奏に、ピーコ&兵動が大興奮

2019.1.15 17:00

左から、川島壮雄アナ、ピーコ、三浦文彰、兵動大樹

(写真3枚)

カンテレの深夜番組『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』に、国際的に活躍するヴァイオリニスト・三浦文彰がゲストで登場。その収録が先日、おこなわれた。

3歳でヴァイオリンを始め、2009年に世界三大ヴァイオリンコンクールのひとつ『ハノーファー国際ヴァイオリンコンクール』で史上最年少の16歳で優勝した三浦。2016年には、大河ドラマ『真田丸』のオープニング音楽でソリストをつとめ、国内でも名を知られることとなった。

スタジオで『ネル・コル・ピウ変奏曲』を披露した三浦文彰

3月には、バレエ界のレジェンドと呼ばれるマニュエル・ルグリとのコラボイベントに参加する三浦。そこで演奏される『ネル・コル・ピウ変奏曲』を特別にスタジオで披露。その演奏にMCの兵動大樹は「あんな演奏の仕方あるんや!」と驚愕、ピーコも「生で聴くと、すごい違うね!」と大興奮する。この模様は1月16日・深夜1時25分から放送される(関西ローカル)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本