芸人乗せた宝恵駕行列、賑やかに今宮戎へ

2019.1.10 11:45

宝恵駕に乗り込み、大阪市内を練り歩く六代目桂文枝や桂きん枝ら

(写真3枚)

大阪の道頓堀をスタートし、商売の神様「今宮戎神社」(大阪市浪速区)まで練り歩く新春の恒例行事『宝恵駕行列(ほえかごぎょうれつ)』。今年も『今宮戎神社・十日戎』に合わせて10日、大阪市内を賑やかに行進した。

六代目桂文枝や今年四代目桂小文枝を襲名する桂きん枝、連続テレビ小説『まんぷく』の野呂幸吉役で注目を浴びた藤山扇治郎ら、関西に馴染みのある芸人や芸者、福娘らが乗り込んだ駕籠。みな道中で迎える人たちに手を振り、笑顔で応えた。

「商売繁盛で笹もって来い!」の掛け声が鳴り響く『十日戎』は、笹に小宝を下げて商売繁盛を願う新年最初のお祭り。9日が宵戎、10日が本戎、11日は残り福と呼ばれ、3日間で約100万人の参詣者が集まる。

『宝恵駕行列』

日程:2019年1月10日(木)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本