バスクチーズケーキ専門店、梅田に誕生

2018.12.22 12:00

「冷やしても温めてもおいしくいただけます」と担当者がオススメする、とろけるベイクドチーズケーキ(写真はSサイズ1800円・税別)

(写真2枚)

今年11月「阪急西宮ガーデンズ ゲート館」(兵庫県西宮市)に誕生したレストランカフェ「グッドスプーン」で、早くも名物となっている看板商品「とろけるベイクドチーズケーキ」。そのテイクアウト専門店「301(サンマルイチ)」が12月21日、大阪・北新地にオープンした。

スペイン・バスク地方伝統の製法で作られ、焼き加減など試行錯誤しながら3年の年月を費やしてようやく完成したこのチーズケーキ。従来のチーズケーキの3倍の量である301gの北海道産生クリームと、幻の卵と言われる「紅玉」を使用しており、酸味は少なく濃厚ながらすっきりした味わいに。チーズケーキをイートインできる西宮のレストランでは、ワインなどお酒と合わせて楽しむ人も多いという。

JR北新地駅から徒歩4分の場所にオープンしたチーズケーキ専門店「301」
JR北新地駅から徒歩4分の場所にオープンしたチーズケーキ専門店「301」

このテイクアウト専門店は梅田新道交差点のすぐ近くに位置し、23時まで営業しているため、OLやサラリーマンの手土産として重宝しそうだ。チーズケーキはSサイズ(12cm)が1800円・税別、Lサイズ(16cm)が2800円・税別。1日200個限定。住所は大阪市北区曽根崎新地1−1−47。

チーズケーキ専門店「301」

2018年12月21日(金)オープン
住所:大阪市北区曽根崎新地1-1-47
営業:11:00〜23:00 ※日曜休
電話:06-6344-1107

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本