夜景Xmas、太陽の塔を見下ろす観覧車

2018.12.19 13:00

ゴンドライルミネーションが灯る大観覧車

(写真3枚)

高さ日本一を誇る大観覧車「レッドホース オオサカホイール」に『光のエントランス&回廊』とゴンドライルミが登場。クリスマス本番を前に冬の夜空を彩っている。

全高123メートルから、昼夜違った景色が楽しめる同観覧車。目の前に立つ「太陽の塔」(70メートル)を見下ろせるのはもちろん、遠くは「あべのハルカス」や「大阪国際空港」までが一望できる。

今回、エントランスからゴンドラ乗車口までの約140メートルを約4万球のLEDで点灯。全72台のゴンドラにもイルミネーションを設置し、夜の観覧車のムードを盛り上げる。観覧車は1周約18分で、チケットは1000円ほか。25日までは、ペアのシンクロ率に応じて、観覧車のイルミネーションが色を変えるイベント『キモチ*ツナガル FANTASY』も開催中。

「レッドホース オオサカ ホイール」

住所:吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
営業:10:00〜23:00
料金:当日1000円/名、VIP8000円/ゴンドラ、ほか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本