歌広場「歌と踊りなくして僕の人生はない」
2018.12.13 8:00

ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの歌広場淳が、特別番組『ゴールデンボンバー・歌広場淳のミュージカル広場』(カンテレ)のMCに就任。その収録が先日おこなわれ、ミュージカルの魅力について熱く語った。

左から歌広場淳、関純子アナウンサー
左から歌広場淳、関純子アナウンサー画像一覧

「みなさんこんにちは! ミュージカルをこよなく愛する男! 歌広場淳です!」と紫のスーツでばっちりキメた歌広場は、初の地上波冠番組とあって冒頭からハイテンション。「ミュージカルは突然歌い出すからちょっと苦手」という意見に対し、「楽しいときに鼻歌を歌ったり、悲しいときにお風呂でワ~っと叫んだりするじゃないですか。それをものすご~くオーバーにしたのがミュージカル。日常の延長線にあるものなんです!」と持論を展開する。

番組では歌広場がオススメのミュージカル3作品について紹介。2019年1月1日から大阪公演がスタートする『マリー・アントワネット』について、歌広場はすでに東京公演を2回観劇しているといい、主役のマリー・アントワネット役を演じる花總まりと笹本玲奈のWキャストに対して「どちらがいいかなんて選べない!」とそれぞれの魅力を熱弁。

『レベッカ』について「大塚千弘さんはこの役を演じるために生まれて来たんじゃないかと思うほど、感動を覚えた!」という歌広場(左)
『レベッカ』について「大塚千弘さんはこの役を演じるために生まれて来たんじゃないかと思うほど、感動を覚えた!」という歌広場(左)画像一覧

そんななか、突如「僕、イケメンが大好きなんです!」と切り出した歌広場。テレビ誌でイケメン対談のコーナーを持つほどのイケメン好きとしても知られる歌広場は、今作でマリーを生涯にわたり支え続けるフェルセン役の古川雄大を「背も高いし、顔も整っていて、歌もダンスも上手。中世の衣装も着こなしていて、男性として惹かれる!」と絶賛する場面も。

そのほか『キューティ・ブロンド』『レベッカ』についても全力で紹介した歌広場は、「歌と踊りなくして、僕の人生はありません! ちなみに、ゴールデンボンバーで『女々しくて』とかいろんな曲を踊っていますが、気持ちとしてはミュージカル俳優のつもりです(笑)。今の僕をつくってくれたミュージカルをぜひ、みなさんにも好きになってほしいです!」と、熱く語った。この模様は12月15日・午前10時55分から放送される(関西ローカル)。

カンテレ『ゴールデンボンバー・歌広場淳のミュージカル広場』

放送:2018年12月15日(土)・10:55〜11:20
出演:歌広場淳、関純子カンテレアナウンサー
VTR:花總まり、笹本玲奈、神田沙也加、塩田明弘(指揮者)ほか
URL:https://www.ktv.jp/musical/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ