赤ちゃんパンダ、4つの名前から投票へ

2018.12.1 09:00

一般公開された際に見せた、母親の良浜(らうひん)に抱かれる赤ちゃんの姿

(写真1枚)

和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)で8月14日に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん。11月16日まで募集していた赤ちゃんの名前に65日間で12万通を超える応募が集まり、4つに絞った名前から投票制を急遽導入した。

最終的に候補となったのは、恵浜(けいひん)・彩浜(さいひん)・舞浜(まいひん)・夢浜(ゆめひん)の4つ。投票性を導入するのは初めてとのことで、同パークの担当者は、「寄せられた名前を読むとそこに込められた想いが強く、最後までみなさまと分かち合いたいと考えた」と説明する。

双子のお姉さん桜浜(おうひん)・桃浜(とうひん)の際は応募数約1万通(2014年生・募集期間39日)で、結浜(ゆいひん)は約5万通(2016年生・同61日)と、今回はその2倍以上。担当者は、「(上野動物園の)シャンシャンが1歳を迎えてパンダブームだったこともあり、ジャイアントパンダの魅力が伝わったのかと思う。嬉しかったです」と喜んだ。

同施設最小の75グラムで誕生し、24時間体制でスタッフによるサポートを受けていた赤ちゃん。現在は体重が4600グラムを超え、すくすくと成長している。名前の投票は公式サイトやハガキなどで受け付け、12月8日まで。名前の発表は年内の予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本