この冬食べて!金沢・富山・福井名物9選
2018.11.30 12:00

日本海や北アルプスをはじめとした雄大な自然に囲まれた北陸3県(富山・石川・福井)には、豊富な海の幸や独自の発酵文化などのグルメがたくさん。特に冬は、越前ガニに能登フグ、白エビなど、食べておきたい魚介が満載。関西から日帰りまたは1泊2日で行ける、話題の地元グルメ9選をご紹介。

食べたい1位
金沢・近江町市場「井ノ弥」の海鮮丼

金沢・近江町市場「井ノ弥」の上ちらし近江町<特盛り>2980円画像一覧

「ちらし寿司を気軽に」とう思いから生まれた金沢の海鮮丼の元祖とされる。近江町市場で毎日仕入れる新鮮魚介を贅沢にちらし、特製の甘口醤油が魚の味を引き立てる。

食べたい2位
福井「白浜荘」の越前ガニフルコース

福井「白浜荘」の越前ガニフルコースは1泊2食30240円〜画像一覧

カニの早むきと軽快なトークで有名な女将・むきむきみっちゃんがお出迎え。3月20日まで、越前ガニを焼き、茹で、刺身、鍋とフルコースで楽しめる。

食べたい3位
富山・きときと市場「白えび亭」の白えび刺身丼

富山・きときと市場「白えび亭」の白えび刺身丼2480円画像一覧

「富山湾の宝石」と呼ばれる白エビを使った料理を提供する専門店の名物。丁寧に手むきした白エビの刺身約90尾が丼を覆い尽くす。上品な甘みが絶品だ。

食べたい4位
福井「ヨーロッパ軒総本店」のソースカツ丼

福井「ヨーロッパ軒総本店」のソースカツ丼880円画像一覧

福井名物・ソースカツ丼発祥の洋食店。極細に挽かれたパン粉で揚げたカツのサクサク感と甘みのあるソースが見事にご飯とマッチ。軽やかな味わいが老若男女に人気。

1 2

富山・石川・福井・・・北陸3県の魅力がぎゅっとつまった1冊を旅のお供に!『北陸の旅』

2018年11月19日(月)発売
日本海や、北アルプスをはじめとした雄大な自然に囲まれた北陸には「日本の旅の魅力」が集結しています。少し足をのばせば、見たことのない風景や初めて出合うグルメなど、何度行っても新しい発見があります。魚がおいしくなる冬にぜひお出かけを。定価500円(税込)

URL:https://www.lmagazine.jp/mook/MOOK6190735/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ