神戸市消防局、G−SHOCKとコラボ
2018.11.28 7:00

今年で発足50周年を迎える、神戸市消防局の救助隊。それを記念した限定モデルのG-SHOCK(カシオ計算機)が、12月7日に発売される。

神戸市消防局とカシオがコラボした限定モデル『GW−B5600FB』画像一覧

この限定モデル『GW−B5600FB』は、平成27年の「全国消防救助技術大会(神戸市開催)」限定モデルに続き、2回目のコラボレーション。昭和43年の発足以来、火災現場での人命救助に加えて、水難救助や山岳救助にも出動し続けてきた救助隊員らの「街を守りたい」という強い想いが込められているという。

両方に救助隊のイーグルマークがデザインされている外箱、内箱画像一覧

神戸市消防局の専任救助隊・特別高度救助隊が着用する防火服をモチーフにしたオレンジ色をベースに、差し色としてネイビーを各所に使用。専用アプリと時計のボタン操作の連携で、時間と場所をアプリの地図上に記録でき、登山時などの行動記録も可能という。また、外箱は消防車を、内箱はヘルメットをイメージしたデザインとなっている。料金は28000円(税別)。

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ