滋賀に、西日本最大級の独式アスレチック
2018.11.23 12:00

滋賀県東部にある酪農がテーマの体験型農業公園「滋賀県農業公園ブルーメの丘」(蒲生郡日野町)。同時に92名まで楽しめる西日本最大級のアスレチック施設「アルプスジム」が2019年3月1日にオープンする。

同時に92名楽しめる巨大なアルプスジム(写真はイメージ)
同時に92名楽しめる巨大なアルプスジム(写真はイメージ)画像一覧

ドイツ・バイエルン地方の田園風景をモチーフとした同園内。現地のリゾート地を2018年夏に視察した際に担当者が導入を決めたのが「アルプスジム」。アスレチックジムを世界各地で展開するドイツの企業「クリスタルトゥルム社」による、クライミング・アトラクションで、「一般的なアスレチックジムは、同時に複数でプレイすると渋滞しがちですが、アルプスジムは各ステーションから3方向へ進むことができるため、自由に行き来でき、毎回違ったルートを選べるのが魅力です」と広報担当者。

複数のルートがあるのが魅力で、さまざまなアクティビティが楽しめるそう
複数のルートがあるのが魅力で、さまざまなアクティビティが楽しめるそう画像一覧

高さ17m、3層構造のサイズとなり、本格的なボルダリングのほか、自転車で1本橋を渡るアトラクションなど、ステーションと呼ばれる72の中継点と展望台を有し、さまざまな楽しみ方ができる。「仲間たちとゴールの達成感を味わえる『チームビルディング』も、当園でも再現したい」と、今後はアルプスジムを活かしたリーダーシップ研修など、企業や団体向けの体験型研修も展開予定とのこと。組み立て作業はドイツから職人が来日し、今年12月から始まる。料金は未定。

取材・文/中河桃子

「滋賀農業公園ブルーメの丘」

住所:滋賀県蒲生郡日野町西大路843
営業:10:00~17:00、土日祝9:30~18:00(12月1日~2月28日までは全日10:00~17:00)
料金:一般1,000円(12月~3月は500円)
電話:0748-52-2611
URL:http://www.blumenooka.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ