食と雑貨を楽しむ台湾フェス、梅田で開催
2018.11.21 12:05

台湾の魅力を満喫できる催事『台湾フェス』が、「阪神梅田本店」(大阪市北区)で11月21日にスタート。スパイス香る会場に朝から多くの人が足を運び、おなじみのメニューや雑貨などの買い物を現地気分で楽しんだ。

人気の「黒糖タピオカラテ」。沖縄の黒糖蜜を使用したタピオカを楽しめる
人気の「黒糖タピオカラテ」。沖縄の黒糖蜜を使用したタピオカを楽しめる画像一覧

小籠包、マンゴー氷、牛肉麺(ニューローメン)、台湾そうめん・・・など幅広くフードが並ぶなか、最も行列ができたのはタピオカミルクティー。「THE ALLEY」で販売する、「ロイヤルNo.9 タピオカミルクティー」(540円)と、「黒糖タピオカラテ」(701円)が人気となった。

「鶏排(チーパイ)」は大972円、小540円
「鶏排(チーパイ)」は大972円、小540円画像一覧

初日に台湾のフライドチキン「鶏排(チーパイ)」に並んでいた大阪市の30代女性は、「台湾に興味があるのですが、まだ行ったことがなくて。今日は写真で見て、おいしそうと思ったので買いに来ました」と、現地気分を満喫している様子だった。

「Pinkoi」のコーナー。それぞれのブースにクリエイターが在中。アクセ、文房具、バッグなどさまざまなアイテムがそろう
「Pinkoi」のコーナー。それぞれのブースにクリエイターが在中。アクセ、文房具、バッグなどさまざまなアイテムがそろう画像一覧

また、今回はクリエイターズグッズ専門のウェブサイト「Pinkoi(ピンコイ)」から48組のクリエイターが来日(前半と後半で24組ずつ入れ替え)。「大阪では初の試みとなります。みなさん、やる気に満ちあふれております。常時10~15名のスタッフがスタンバイして通訳いたしますので、クリエイターとの会話も楽しんでいただければ」と、広報担当者。

期間中は、「台湾レトロ印刷JAM」による、真っ赤なポチ袋の印刷体験ワークショップ(参加費1200円)、台湾通によるトークライブなどもおこなわれる。期間は11月27日まで。

『台湾フェス』

期間:2018年11月21日(水)~27日(火)
時間:10:00~20:00(11月27日は~16:00)
会場:阪神梅田本店8階催場(大阪市北区梅田1-13-13)
電話:06-6345-1201
URL:https://www.hanshin-dept.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ