藤山扇治郎「1日で缶詰シーン撮影した」
2018.11.6 9:00

NHK連続テレビ小説『まんぷく』に野呂幸吉役で出演する、松竹新喜劇の役者・藤山扇治郎。12月におこなわれる自身初のトークショーの取材会が11月5日におこなわれ、ドラマにまつわるエピソードを明かした。

ドラマに出るようになって街なかで声をかけられることが増えたという藤山扇治郎
ドラマに出るようになって街なかで声をかけられることが増えたという藤山扇治郎画像一覧

5年前に新喜劇に入団し、これまで舞台を中心に活躍してきた扇治郎。「歌舞伎の役者さんは、ミュージカルやテレビに出ることで知ってもらえるじゃないですか。そういう意味では映像に出していただけるというのはありがたい」とドラマ出演を喜んだ。

また、「お芝居のときは、本番の幕が開いたら閉まるまで止まらない。でも映像の場合は、カットも入りますしバラバラに撮っていきます。基本的には演出家の先生が指導してくださるので、自分自身での役作りはなく、周りの方に助けていただいた」と、少し戸惑ったようだ。

なかでも、恋心を抱いたヒロイン・福子(安藤サクラ)に缶詰を渡し続けるシーンが多く登場したが、「3年間渡し続けたんですけど、缶詰を渡すシーンは1日で全部撮ってるんですよ。ドラマってすごいですよね。缶詰だけ全部先に撮って、その後で大阪東洋ホテルのシーンとか、バラバラで撮ってつなげて・・・」と驚いた。

福子の次は恵に缶詰を渡し始めた野呂。「缶詰をあげるのは、なんか渡してそこから仲良くなるっていう関西人の特徴がリアルに描かれています」と藤山扇治郎
福子の次は恵に缶詰を渡し始めた野呂。「缶詰をあげるのは、なんか渡してそこから仲良くなるっていう関西人の特徴がリアルに描かれています」と藤山扇治郎画像一覧

ドラマが戦争の時代に突入し、姿を消した野呂。ファンは無事を祈っているが、「帰ってきます。元旦までには帰ってきてると思います」と期待させた。トークショーの会場は、ドラマのモデルとなった安藤百福さんの妻・仁子さんが、受付嬢をしていたという歴史的建造物「大阪倶楽部」(大阪市中央区)。開催は12月6日・夜7時から。チケットは前売2500円(当日は300円増)で、現在発売中。

『藤山扇治郎 トークショー』
日時:2018年12月6日(木)・19:00〜
会場:大阪倶楽部ホール(大阪市中央区今橋4-4-11)
料金:前売2500円、当日2800円(全席指定)
電話:06-6372-6707
URL:http://www.sakuya-konohana.com/

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』
日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ