京阪電車の駅構内で鉄道&アートの芸術祭
2018.11.8 7:00

京阪中之島線の「なにわ橋駅」地下1階コンコースに位置する「アートエリアB1」(大阪市北区)。同館開館と京阪中之島線開業10周年を記念して、『超・都市計画~そうなろうとするCITY~』が11月10日からおこなわれます。

オスカー・ピータース《The Wild》展示風景、W139、アムステルダム、オランダ、2017画像一覧

鉄道と都市計画には密接な関係があります。鉄道会社は沿線を開発して新たな生活環境を作り出しました。おかげで我々の日常は豊かになりましたが、その一方で都市風景や生活様式は画一化し、人間の感性が均質化したとも言えます。本展ではそうした諸問題をアートの力で克服すべく、3組のアーティストが「超・都市計画」を試行します。

ザ・コピー・トラベラーズ《image_15》アートブック「THE COPY TRAVELERS by THE COPY TRAVELERS」より レーザープリント 210×297mm 2014画像一覧

参加作家は、ザ・コピー・トラベラーズ、オスカー・ピータース、飯田和敏。ザ・コピー・トラベラーズは加納俊輔、迫鉄平、上田良のユニットで、複製やコラージュを駆使した作品により、都市の重層性・多様性をテーマにした作品を発表します。オランダ人作家のオスカー・ピータースは、ジェットコースター型のインスタレーションを設置して、都市の構造や交通論、エンドレスな感覚をユーモラスかつ批評的に表現。ゲーム作家の飯田和敏は、ゲームと仮想現実を駆使して都市の浮遊体験を実現し、都市生活者の在り方にも言及します。それぞれが2次元、3次元、4次元を受け持つ形となり、新たな都市の鳥観図を描き出そうと試みるのです。

また、関連イベントが充実しているのも「鉄道芸術祭」の魅力です。トークはもちろん、京阪電車を貸し切って行われる電車公演、京阪光善寺駅に写真家のホンマタカシが設置した「光善寺カメラオブスキュラ」でおこなわれる茶会(どちらも有料、要事前予約)など、とてもユニークなイベントが多数予定されています。駅直結のユニークな会場で、ここでしか味わえないアート体験をしてください。期間は1月27日まで、入場は無料。

文/小吹隆文(美術ライター)

鉄道芸術祭 vol.8 『超・都市計画~そうなろうとするCITY~』

期間:2018年11月10日(土)~2019年1月27日(日)※月曜・12/30~1/7休館(12/24開館、12/25休館)
時間:12:00~19:00(12/14~12/24は~21:00) 
会場:アートエリアB1(大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅地下1階)
料金:入場無料
電話:06-6226-4006
URL:http://artarea-b1.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ