漫画や歌舞伎ファンも訪れる、モンスト展
2018.10.18 19:00

人気スマホゲームアプリ『モンスターストライク(以下モンスト)』の体験型アートイベントが、「大丸心斎橋店」(大阪市中央区)で10月19日から開催。東京では11日間で1万人以上も来場し、連日完売が続いたイベントだ。

1人に端末1台、すでにプレイしている人はIDをお忘れなく
1人に端末1台、すでにプレイしている人はIDをお忘れなく画像一覧

2013年の発表から、そのバトルの楽しさと魅力的なキャラクターが人気となり、国内で約3900万人がダウンロードしたモンスト。今や、アニメや映画など多角的な展開もおこなわれ、「ミッキーマウス」「銀魂」「スターウォーズ」など他ジャンルとコラボを通じて間口がどんどん広がっている。

今回の『モンスターストライク展』では、歴史を振り返るとともに、1人に1台ずつ端末が手渡され、会場内でのミッション達成を目指す。なかでも最先端の技術を駆使したコーナー「爆絶の間『渇望の果ての理想郷』Presented by NAKED」ではリアルにバトルを体験でき、キャラ「アヴァロン」の姿が企画展ならではの姿に変身するのも見ものだ。

50人のクリエイターによるコラボ作品
50人のクリエイターによるコラボ作品画像一覧

会場では、桂正和、浅野いにお、高橋しん、種村有菜、真島ヒロらの人気漫画家、イラストレーターの326、原宿からカワイイを発信するクリエイター・増田セバスチャンらが約50名が、モンストのキャラクターらをテーマとした作品を展示。

また、大のモンスト・ファンの市川猿之助も参画。モンスト版の石川五右衛門の衣裳に加え、歌舞伎で使用される石川五右衛門の衣裳も展示され、東京では漫画家ファンや、歌舞伎ファンもわざわざ間近で原画や本物の作品を鑑賞するために訪れたのだとか。

獣神化したキャラクター「アーサー」を記念した展示
獣神化したキャラクター「アーサー」を記念した展示画像一覧

大阪限定の展示として、「不滅なる円卓の騎士王・アーサー」の『エクスカリバー』(剣)がディスプレー(写真撮影も可能)。営業は午前10時から最終入館は午後8時。チケット1980円は公式サイトでのネット販売のみ。前売券は各日程の4日前まで、当日券は前日の午後7時から購入できる。すでに、20・21日の週末は完売となっている。期間は10月28日まで。

『モンスターストライク展』

期間:2018年10月19日(金)~28日(日)
時間:10:00~20:30(最終入館20:00)
会場:大丸心斎橋店 14階イベントホール(大阪市中央区心斎橋筋1-7-1)
料金:1980円(ネット販売のみ、前売は4日前まで、当日券は前日の午後7時から購入可)
URL:https://event-info.xflag.com/monst-exhibition/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ