内装に驚きの演出、大阪・谷町の飲食店
2018.10.19 9:00

昔ながらの町並みが残る谷町に一風変わったお酒とご飯のお店「一三三(あいさんさん)」が、10月9日にオープン。元・劇団維新派の舞台スタッフが手がける木鳥ワークスによる内装は、驚きの演出が盛り込まれている。

古道具の金具や古材で作られた扉と手作りのランプ。白い壁にはランプの柄が浮かび上がる
古道具の金具や古材で作られた扉と手作りのランプ。白い壁にはランプの柄が浮かび上がる画像一覧

これまで飲食店に勤務する傍ら、イベントに出店するなどして経験を積んできたオーナーの堀井稚子さん。今回、新境地として谷町六丁目駅からほど近い路地奥、長屋の一角に初めて自分の店をオープンした。

谷町に出店するなら、と内装は谷町界隈を中心に店舗の内装やデザインなどを手掛ける木鳥ワークスに依頼。既成概念にとらわれず、依頼者と一緒に試行錯誤して完成した店は、その店主の人柄が現れ、さらに独特の世界観を作り出すと評判だ。

同店でも手作りのランプや古道具が使われた扉、タイルが張られた床など抜群のセンスで、なかでも見どころなのは客席奥の小さな棚。脇に空いた穴を覗くと、奥には光に照らされた階段と入り口が2つ見える。どこの国の建物なのか、何かの本のなかなのか、無限の世界が広がる小さな演出だ。

小さな棚に小さく開けられた穴を覗くと奥に無限の世界が広がっていく。このほかにも面白い仕掛けがある
小さな棚に小さく開けられた穴を覗くと奥に無限の世界が広がっていく。このほかにも面白い仕掛けがある画像一覧

堀井さんは「一緒に考えて作り上げた店に大満足。でも、スタートしたばかりだからただひたすら頑張ります」と笑顔を見せた。料理は、ランチ900円〜と、アジア料理を中心にリーズナブルながら絶品なものばかり。営業は12時から14時半と、夕方6時から夜10時半まで、日・月曜と祝日、第3水曜は定休。

取材・文・写真/岡田由佳子

「一三三(あい さん さん)」

住所:大阪市中央区上本町西1-4-19
時間:12:00~14:30、18:00〜22:30(22:00LO)・日祝及び月曜・第3水曜休
電話:090-9883-5742

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ