全国初の急速冷却キットカット、大阪に
2018.10.16 17:10

キットカット専門店「キットカット ショコラトリー」でオリジナルのキットカット『氷点下ショコラトリー』が作れる常設店が10月17日、大阪・難波に国内初登場。そのオープンに先がけ、16日に内覧会がおこなわれた。

ベースの「キットカット サブリム」の上に液状のチョコを乗せてトッピングを配置。後は一気にマイナス196度の液化窒素で冷却する
ベースの「キットカット サブリム」の上に液状のチョコを乗せてトッピングを配置。後は一気にマイナス196度の液化窒素で冷却する画像一覧

『氷点下ショコラトリー』とは、ビター・抹茶・ルビーなど5種の『サブリム』シリーズから好みのチョコを選んだ後、ドライフルーツやナッツなど9種のトッピングを3種選択。スタッフが目の前で盛りつけ、液化窒素を使ってマイナス196度に急速冷却するオリジナルのキットカットだ。

監修した「ル パティシエ タカギ」の高木康政オーナーシェフは、「お店でやるのはここが日本で初めて。ヒンヤリとした冷たさが口のなかで溶けていくと、いろんな香りがジャンプしだしてコラボします。楽しいじゃないですか。好きなものを作って、味わって、感動してもらう体験型のショップです」と説明する。

作りたての『氷点下ショコラトリー』を手にする高木シェフ
作りたての『氷点下ショコラトリー』を手にする高木シェフ画像一覧

実際に作りたてを口にするとパリッとした食感で、溶け始めると風味と香りが広がってくる、驚きの連続。高木シェフは、「これからはモノだけでなくコト。何か感動してもらったり、驚いてもらったり・・・。それでこのスペースに厨房っぽいのを作りました。目の前で作って、すぐに食べられるというのは感動できると思う」と自信を見せた。

パインやマンゴーなどのドライフルーツ4種と、カシューナッツ、マカデミアなどのナッツが4種、そしてマシュマロの全9種から3種をトッピング
パインやマンゴーなどのドライフルーツ4種と、カシューナッツ、マカデミアなどのナッツが4種、そしてマシュマロの全9種から3種をトッピング画像一覧

『氷点下ショコラトリー』は650円から750円で、トッピングの全部盛りは2050円。そのほか、『サブリム』『モレゾン』など通常商品や大阪限定デザインのギフトセット1350円なども販売(価格はすべて税別)。こちらの「南海なんば店」は、「南海難波駅」の改札を出てすぐの立地となり、初の駅常設店。営業は朝9時から夜8時まで。

「キットカット ショコラトリー 南海なんば店」

2018年10月17日(水)オープン
住所:大阪市中央区難波5-1-60 南海なんば駅3階北改札前
営業:9:00〜20:00
電話:06-6585-7828
URL:https://nestle.jp/brand/kit/chocolatory/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ