梅田で「カメ止め」展、来場者を常に撮影
2018.10.17 8:00

わずか2館での公開から、あまりの反響の大きさに今では全国300館に拡大され、170万人を動員した話題騒然の映画『カメラを止めるな!』。その期間限定の展覧会『カメラを止めま展!』が、10月19日から「梅田ロフト」(大阪市北区)で開催される。

『カメラを止めま展!』
『カメラを止めま展!』画像一覧

東京からはじまり、仙台、大阪、名古屋、福岡と巡回するこの展覧会では「撮られる」ことをテーマに開催。会場内では常にカメラが回り続け、来場者を撮影。撮った映像は随時配信されるという。また「本編の別テイク映像」と「撮影時の記録映像」、「劇中劇」の3視点を同時間軸で見比べることができる映像を初公開。作品の魅力のひとつである、緻密な構成を垣間見ることができる。

初日、東京会場に並ぶ人々
初日開場前は約70人が列を作った東京会場画像一覧

ほかにも、実際に使用した衣装や小道具の展示、フォトスポット、劇中で監督が涙ながらに飲んでいたカップ酒、展覧会限定のTシャツ(大阪会場限定カラーはネイビー)の販売など、作品をより楽しめる内容となっている。会場は「梅田ロフト」5階ロフトフォーラムで、期間は11月5日まで。料金は500円(オリジナルステッカー付)。

(左から)喜久盛酒造による展覧会限定カップ酒800円、大阪会場限定カラーTシャツ3240円(S/M/L/XL)
(左から)喜久盛酒造による展覧会限定カップ酒800円、大阪会場限定カラーTシャツ3240円(S/M/L/XL)画像一覧

また、10月21日には同会場内にて、市橋浩治(プロデューサー)、濱津隆之(日暮隆之役)、真魚(日暮真央役)によるトークイベント『しゃべりは止めまてん!』を開催。映画の舞台裏など完全ネタバレの内容となる。13時〜/14時20分〜の2部制で、各回先着30人。参加については「梅田ロフト」の公式サイトにて。

『カメラを止めま展!』

期間:2018年10月19日(金)〜11月5日(月)
時間:10:30〜21:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は18:00閉場)
会場:梅田ロフト 5Fロフトフォーラム(大阪市北区茶屋町16-7)
料金:500円(オリジナルステッカー付)
電話:06-6359-0111(代表)
URL:http://www.loft.co.jp/shoplist/umeda

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ