20年ぶり中島貞夫監督、ちゃんばら映画

2018.10.14 13:20

京都国際映画祭2018実行委員会の中村伊知哉・実行委員長(左)と名誉実行委員長の中島貞夫監督

(写真1枚)

『京都国際映画祭2018』のオープニングセレモニーが、10月11日に開催。期間中に上映される映画『多十郎殉愛記』について、中島貞夫監督が語った。

『新・極道の妻たち』『日本の首領(ドン)』など、やくざ映画を代表とする中島監督。前作『極道の妻たち 決着』以来、実に20年ぶりの長編作だが、「20年ぶりに映画をつくりました。徹底したちゃんばら映画です」と殺陣の魅力をつめた作品だという。

「ちゃんばらというのが、実は日本映画がつくりだしたパフォーマンス芸術のひとつの頂点に達したはずなんだということで、日本映画の歴史の結集を、ちゃんばらで示してみたい、と。『京都国際映画祭』全体の、ひとつのイメージづくりにも役立ててもらえれば」と話した。

本作には、高良健吾、多部未華子、木村了らが出演し、14日・15時20分より「よしもと祇園花月」(京都市東山区)で上映。公開予定は、2019年春。

映画『多十郎殉愛記』

『京都国際映画祭2018』
日程:2018年10月11日(木)〜14日(日)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本