山田裕貴&齋藤飛鳥「食わず嫌いせず観て」
2018.10.20 8:00

山田裕貴&齋藤飛鳥「食わず嫌いせず観て」

台湾で社会現象を巻き起こした大ヒット作を、日本版としてリメイクした映画『あの頃、君を追いかけた』。主演は、すでに今年だけで5本の映画に出演するなど、若手実力派俳優として注目を集める山田裕貴。そして山田演じる浩介が高校時代から10年間想い続けたヒロイン・真愛を演じたのは、乃木坂46として活躍する齋藤飛鳥。山田が「天職というか、天役でした」と言い切る作品について、2人に話を訊いた。

写真/木村正史

「本当の笑顔は破壊力抜群だと思う」(山田裕貴)

──今作が映画初出演となる齋藤さんをはじめ、モデルから俳優に転身した中田圭祐さんや、元芸人の遊佐亮介さんなど、個性豊かな出演者のなかで山田さんは座長としてどういう意識で現場に挑んだんでしょうか?

山田「みんなで一緒にいるシーンがすごく重要というか。ワイワイ楽しく過ごすところもあれば、ちゃんとまじめに語り合えるところもあったり、みんなで好きなように楽しくやって、それが本当の仲間に見えたらいいなっていうのは最初から思っていたんです。飛鳥ちゃんは今回の映画が初めてだったし、普段の現場とは雰囲気が全然違うかもしれないけど、これでちょっとでもお芝居が楽しいとか、この映画をやって良かったと思ってもらえたらうれしいな、そんな感覚が強くて。なので、座長として引っ張ろうというよりも、みんなで最後を迎えたときに『楽しかった』って言える映画にしたいと思っていましたね」

真愛に対する恋心を繊細に演じながら、おバカで不器用な愛すべきキャラクター・浩介を生き抜いた山田裕貴
真愛に対する恋心を繊細に演じながら、おバカで不器用な愛すべきキャラクター・浩介を生き抜いた山田裕貴画像一覧

──主人公の高校生・浩介とクラスの優等生・真愛のほろ苦い恋愛を描いた今作ですが、劇中では、温泉で好きな女の子について話したり、自転車で男友だちの家にゲームしに行ったり、海で遊んだり・・・クラスメイト同士での、演技ではない本当に楽しそうな光景がいくつもありました。齋藤さんはそういった雰囲気の現場ではいかがでしたか?

齋藤「山田さんをはじめ、ほかのキャストのみなさんが本当に仲が良くて、控え室でもずっとワイワイ楽しく過ごしていたんです。その姿を見て『ああ、すごく良い現場だな』って思ってて。私とか(松本)穂香ちゃんのことも笑わせようとしてくれたりして、初めての映画という面で不安はすごいあったんですけど、現場の明るさには救われました」

──途中、山田さんが齋藤さんを必死に笑わせるシーンでは、齋藤さんが素で笑ってるんじゃないかなと感じる表情がありました。それは現場の雰囲気から自然と出たものなんですね。

山田「芝居で笑ってるんじゃなくて、本当の笑顔が画面に映ってるのって、お客さんにとったら破壊力抜群だと思うんですよ。浩介も、真愛が笑ってくれるから好きになったわけで、真愛の笑顔というのはすごく重要だと思ったので、本気で笑かしにいきました。真愛の笑顔を絶対撮らなきゃっていう使命感。飛鳥ちゃんを笑わせるのは、なかなか難しかったですけど(笑)」

齋藤「ふふ(笑)」

インタビュー撮影のときも、齋藤飛鳥を笑わそうと奮闘していた山田裕貴画像一覧
1 2

映画『あの頃、君を追いかけた』

2018年10月5日(金)公開
監督:長谷川康夫
原作:ギデンズ・コー
出演:山田裕貴、齋藤飛鳥、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介
配給:キノフィルムズ
©「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ
URL:http://anokoro-kimio.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ