安藤サクラ「撮影の時間が愛おしすぎる」
2018.10.1 6:00

安藤サクラ「撮影の時間が愛おしすぎる」

NHK連続テレビ小説の2018年後期作品『まんぷく』が10月1日よりスタート。大阪を舞台に「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描いた本作で、ヒロインの今井福子を演じるのが、女優の安藤サクラ。映画『万引き家族』で海外でも高い評価を得た安藤が連続テレビ小説に寄せる思いとは? プライベートでは昨年6月に女の子を出産し、「連続テレビ小説史上初の子育て中のヒロイン」としても注目を集める彼女に話を聞いた。

取材・文/井口啓子 写真/一井りょう スタイリング/椎名直子(Tiber Garden)ヘアメイク/星野加奈子
スカート/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 三越銀座)

「義母の言葉に強く背中を押されました」(安藤サクラ)

──安藤さんは「映画の人」という印象もありますが、連続テレビ小説はこれまで何度もオーディションを受けるなど、憧れの存在だったそうですね。

やっぱりNHK連続テレビ小説って、本当に日本のすみずみまで届けられている作品なので、テレビドラマとか映画とか舞台とかいろんなジャンルのお芝居があるなかでもひとつのジャンルになっているぐらい、特別なものだと私は思っていて。これまでも映画の撮影で山奥に行って地元の方にお世話になる機会が多かったんですが、その映画がなかなかそこには届かないことも少なくなくて。いつか朝ドラに出たら恩返しができるかな・・・と思っていたので、夢が叶ってうれしいですね。

──今回オファーが来て出演を決められるまでには、出産直後ということもあって、かなり迷われたとうかがいましたが。

私は子どもを産んだら子育てに専念しなきゃいけないと思ってたんです。なので、お話をいただいたときも、このタイミングでできるわけがないって、すごく悔しかったんですね。自分のなかでやるという可能性はゼロだったんですけど、子どもを育てるなかでそれをネガティブな出来事にはしたくなくて。「この子がいなかったらやってた」とか考えるのは絶対嫌だし、でもやっぱり悔しくて、すごく悩みましたね。あ、しゃべってたら泣いちゃいそう(笑)。

子育てをサポートしてもらいながらの出演は感謝しかない、と語る安藤サクラ画像一覧

でも、そんな私に対して夫(俳優の柄本佑)も義父(俳優の柄本明)もうちの父(俳優の奥田瑛二)も、なんでそんな一大事みたいな顔してんの?  やればいいじゃん?って感じで、その軽さに逆に背中を押された。なかでも義母(女優の角替和枝)は、実際に自分も子どもを産んで、なおかつ女優をずっと続けてきた女性なので、義母の「これやらないんだったら事務所も仕事もやめちゃいな」という言葉には、強く背中を押されましたね。

だから家族には本当に感謝しかないし、あとはもちろん、NHKのなんでも笑顔で受け止めてくださる素敵なおじさま方(制作陣)がいたからこそ、心を決めることができました。

左から、萬平を演じる長谷川博己、福子役の安藤サクラ画像一覧

──安藤さんの出演にあたって、NHKでは働き方改革の一貫として大阪放送局内にキッズスペースが開設されるなどのサポートが生まれたそうですね。

本当にスタッフや役者さん、受付のお姉さんから掃除のおばちゃんまで、みんなが思いやりをもって接してくださっているので、「ママさん女優使ったから、NHKもちょっと子どもサポートしなきゃいけねえな」みたいなことではなく(笑)、家族のようにみんなで育ててくださってる気がしています。私も娘も人生のなかで本当に特別な時間をいただいていて、もちろん大変な時間もあるけど、みんなで手を繋いで冒険している感じで、その時間が愛おしすぎて、一分一秒でもこの時間を体中で味わわなきゃと思いながら撮影してます。

1 2

NHK連続テレビ小説『まんぷく』

放送:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
出演:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平/桐谷健太、瀬戸康史、片岡愛之助、橋爪功、松坂慶子、ほか
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ