大阪メトロ、一部区間で運休の可能性も
2018.9.29 18:15

大阪の地下鉄を運営する「Osaka Metro」(代表:河井英明)が、台風24号の接近にともなう影響から30日、一部の区間が運休する可能性を示唆した。

「Osaka Metro」。梅田駅は走行するが、周辺の施設は休業するため注意したい
「Osaka Metro」。梅田駅は走行するが、周辺の施設は休業するため注意したい画像一覧

「30日(日)の午後から、御堂筋線の千里中央~中津間、中央線のコスモスクエア~阿波座間、ニュートラムの運転を見合わせる場合があります。あらかじめご了承ください。台風通過後の安全確認により、10月1日初発から運転を見合わせる場合があります。また、大阪シティバスにつきましても、台風の影響により、バスの運行を見合わせる場合があります」と、地上を走行する区間についての案内を公式サイトに掲載した。

すでにJR西日本が午前8時頃から、京阪神の在来線の運行を順次とりやめると発表し、最新情報は29日の21時頃を予定。そして、梅田では百貨店「大丸梅田店」「阪急うめだ本店」「阪神梅田本店」と商業施設「ルクア大阪」「グランフロント大阪」「阪急三番街」「EST」「HEP FIVE」「NU茶屋町」などが休業を発表している。

「Osaka Metro」

URL:https://www.osakametro.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ