なんばの新名所スカイオ、10月開業

2018.9.25 12:53

大阪高島屋の南西側に位置する「なんばスカイオ」

(写真3枚)

y南海電鉄による新ターミナルビル「なんばスカイオ」の商業エリアが、10月17日に開業。観光客、買い物客、オフィスワーカーに向けた幅広いラインアップの41店舗がオープンする。

1885年に「難波停車場」(初代難波駅)が誕生してから、「なんばCITY」、「南海サウスタワーホテル(現在のスイスホテル南海大阪)」、「なんばパークス」など、なんばエリアの開発を続けてきた南海電鉄。今回の新ビルは、「国際交流拠点」「日本の伝統文化の発信」「時代への呼応」を目指し、「世界のNAMBAへ」がコンセプトとなる。

ショップやレストランが出店するのは、2〜6階と10階。2・3・10階は日常利用やオフィスワーカーに向けたショップとなり、銀行、コーヒーチェーン店、スーツ専門店やコンビニが出店する。なかでも大阪南エリアに初出店する高級スーパーマーケット「いかり」は注目だ。

5階の「伝統・文化の体験工房 ほんまもん」
5階の「伝統・文化の体験工房 ほんまもん」

5階は「伝統・文化の体験工房 ほんまもん」と名付けられ、日本の伝統を受け継ぐ老舗などがラインアップ。包丁の専門店「實光」や泉佐野のタオル「丸中」の新業態、堺で生まれたお茶「つぼ市製茶本舗」や京都の竹工芸「公長齋小菅」などのほか、国内産の食材を買って食べて楽しめるフードホール「ITADAKIMASU」も登場する。

「カラダのデザインサイト ヘルシー・ラボ」にオープンする象印マホービンのレストラン
「カラダのデザインサイト ヘルシー・ラボ」にオープンする象印マホービンのレストラン

そして、6階は「食・体・美」をテーマとした「カラダのデザインサイト ヘルシー・ラボ」。こちらでは、「象印マホービン」による炊きたてご飯が楽しめる全国初のレストランやスポーツウェアブランド、マッサージ、コスメ店などがそろう。

そのほか7階がコンベンションホール、9階がメディカルフロア、13階から30階がオフィスフロアに。そのうちの26〜28階に米国初のシェアリングオフィス「WeWork」の関西初拠点が入居し、2018年12月からサービス開始予定。

「なんばスカイオ Shops&REstaurants」

2018年10月17日(水)オープン
住所:大阪市中央区難波5-1-60

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本